【徹底比較】ベッドVS布団 快眠できるのはどっち?

シェアして頂けると、更新の励みになります。

こんにちは、管理人の井口です。
今回のテーマは、「ベッドVS布団」です。

最近は、昔と比べるとベッドで寝る人が多いと思いますが、以前布団で寝る人もいると思います。そこで、今回は、ベッドと布団、どちらの方が快眠できるか比較しながら考えていこうと思います。


目次
ベッドはカスタマイズ性が高く、布団は温度変化に強い
ベッドはハウスダストの影響が少なく、布団はリラックスしやすい
ベッドは敷きっぱなしにでき、布団は部屋を広く使える
マットレスは長く持ち、敷布団は買い替えが楽
ベッドに布団は腰痛になる危険がある
睡眠にこだわるならベッド、そうでないなら布団


ベッドはカスタマイズ性が高く、布団は温度変化に強い

ベッドは関わる寝具が布団よりも多いので、カスタマイズ性が高く自分好みにしやすいです。マットレスやベッドパッド以外にも、ベッド本体もすのこや畳などいろいろな種類があるので、選ぶのが楽しい。ただ、ベッドは温度変化に弱いので、季節の変わり目になると睡眠が不安定になりやすいのが難点。

布団は、敷ふとんと掛け布団ぐらいしかないので、こだわるポイントがありません。ただ、日本で生まれた寝具なだけあり、温度変化に強いです。多少の変化は、吸収してくれるので安心感があります。

ベッドはハウスダストの影響が少なく、布団はリラックスしやすい

ベッドは高さがあり床から離れているので、ハウスダストの影響が受けにくくアレルギー持ちの人にはいい。ただ、高さがある分、寝ている間に布団が落ちてしまいます。シングルサイズの横幅は90cmなのですが、掛け布団の横幅は160cm。ワンルームの場合だと、ベッドは壁にくっつけることが多いため、寝返りをすると余計に落ちやすくなります。最善策はベッドを大きくすることですが、スペース的に無理な場合は、掛け布団とベッドをくくるなど、落ちない工夫が必要になります。

布団は、床に敷いて寝る分、天井が高く感じるので、圧迫感がなくリラックスしやすいです。床に近い分、ハウスダストの影響が出やすいです。寝返りをすると、どうしてもホコリ等が舞い上がって吸い込みやすくなります。アレルギーがある人は厳しいかもしれません。

ベッドは敷きっぱなしにでき、布団は部屋を広く使える

ベッドは敷きっぱなしにできるので、ズボラな人には丁度いいかもしれません。ただ、当然ベッドを置くスペースは必要になります。折りたたみベッドもありますが、マットレスが硬いので、布団を敷いて使うことが多いです。

布団は、基本的に毎日布団を片付ける必要があるので、その分、部屋を広く使えます。布団は寝ている間にかいている汗を吸収しているので、どうしても湿気てきます。その水分で畳やフローリングが傷みやすいです。なので、片付けるための収納が必要になります。

マットレスは長く持ち、敷布団は買い替えが楽

マットレスの寿命は、約7〜10年だといわれています。かなり長持ちしますが、大きくて廃棄が難しいので、いざというとき買い替えが難しいです。最初に自分にあったものを選ぶことが大切になります。

敷布団の寿命は4〜5年程度。寿命がきても、敷布団を買うだけなので、買い替えは楽。廃棄も小さくくくれる分、まだマットレスよりは楽だと思います。ただ、これは畳の上での数値です。フローリングの上だとこの数値よりも短くなりやすいです。また、布団の水分がフローリングに届いて痛みやすいので、フローリングに布団を敷いて寝る場合は、布団用のマットレスを使うようにしましょう。

ベッドに布団は腰痛になる危険がある

どちらのいいとこ取りでベッドに布団を敷いて寝るのは、僕はオススメしません。

そもそも布団は、畳の上で使うことを前提にして作られています。マットレスに敷いて寝ると、寝る面が柔らかすぎになり、不自然な姿勢になりやすく睡眠の質が下がります。最悪、腰痛になるかもしれません。ただ、マットレスが硬すぎる場合や、体重の軽い子どもの場合は、快眠するのは難しいので布団をしいてもOKです。

睡眠にこだわるならベッド、そうでないなら布団

ベッドは、ベッドパッドや敷きパッドは適当に選んでもなんとかなりますが、マットレスは、しっかり選ばないと快眠は難しいです。布団は、基本的に選ぶことがありません。そういうことから考えると、睡眠にこだわるならベッドのほうがよく、あまりこだわらないのであれば、布団の方がいいでしょう。また、高齢者の人は足腰が弱ってくると立ち上がったり、布団の上げ下げが大変になるので、ベッドのほうがいいと思います。

いかがでしたか。

今回は、ベッドと布団を比較しながらどちらが快眠できるか考えてきました。
どちらも一長一短があり、優劣は難しいですが、今回の記事を参考に自分の体や性格、部屋の広さなども考慮して、最適な方を選んで快眠してください。