快眠するためのエアコンの使い方

こんにちは 管理人の井口です。

今回のテーマは「エアコン」です。

梅雨や夏の夜にエアコンをつけて寝ている人は多いと思います。中には一年中つけている人もいるかもしれません。ですが、エアコンは、設定温度や使い方を間違うと、逆に睡眠の質を落としてしまう可能性もあります。そこで今回は、快眠するためのエアコンの使い方について書いていきます。


目次
エアコンの役割は体温調節のサポート
タイマーを使いこなす
体がだるくなるのは温度が低いため
風を直接体に当てない
除湿よりも冷房


エアコンの役割は体温調節のサポート

睡眠におけるエアコンの役割は体温調節のサポートです。便利なのでつい頼ってしまいますが、頼りすぎてしまうと、体が体温調節をしなくなってしまいます。簡単に言うと、汗をかくにくくなるということです。

睡眠においては、汗をかきにくくなるので体温がさがりにくくなり、睡眠の質が下がってしまいます。また、夏場になると熱中症になりやすくなってしまいます。ただ、高齢者の人は体の機能が衰えているので、エアコンを積極的に使ったほうがいいです。

エアコンの役割は、体温調節とサポート。頼りすぎると汗をかきにくくなる。

タイマーを使いこなす

エアコンをつけて快眠する上で重要なのは、タイマーの使い方です。おすすめは、夏場は起きる1時間前か2時間前にオフようにセットすることです。冬場は逆に、1時間か2時間前にオンになるようにセットします。

なぜこの時間帯かというと、起きる2時間前に体温が一番低くなり、そこから徐々に上がっていくからです。2時間前にタイマーをセットしておくと、目が覚めやすくなります。ただ、睡眠不足等でもうちょっとしっかり寝たいという人は、1時間前にしましょう。

また、最近のエアコンには、睡眠をサポートするための特別なタイマーもついていたり、寝返りを感知する機種もあったりします。そういう機能も使ってみてはいかがでしょうか。

タイマーの使い方は、寝起きを重視するなら2時間前、少しでも寝たいという人は1時間前にセットする。

体がだるくなるのは温度が低いため

よくエアコンつけて寝ると、体がだるくなるという人は多いと思います。体がだるくなる原因は、設定温度が低いために、体が冷えすぎているからです。

人は、寝ている間体温を下げるために汗をかきます。かいた汗が蒸発することによって体温を下げるわけですが、エアコンの設定温度が低いと汗の水分によって体が冷えてしまいます。そうなると、冬に寒いと体が熱を逃がさないようにするように、この場合も体が体温を下げないようにしてしまいます。結果、睡眠が浅くなり、体がだるくなってしまいます。

エアコンの設定温度の目安は26℃±2℃ですが、暑くもなく寒くもない温度がちょうどいいです。また、湿度も大事です。

睡眠と温度や湿度の関係を詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。「快眠するための温度と湿度の知識」

ちなみに、温度が高いとどうなるかというと、僕の感覚では非常に微妙な体調になります。寝不足というわけではないがしっかり寝たという実感も無い。ただ、頭の働きは少し悪いの感じなので多分睡眠が若干浅くなっているんじゃないかなと思っていす。

体がだるくなるのは、設定温度が低いため。

風を直接体に当てない

エアコンは電気代がかかるため、節電のために扇風機を使っている人もいるかもしれません。エアコンもそうですが、扇風機を使うときは、風は直接体に当てないほうがいいです。なぜなら、先程と同じように体が冷えてしまうためです。

扇風機だけだと、風だけなのでたいした影響はないですが、エアコンやエアコンと扇風機のの併用だと風は冷たくなるので直接当たると体が冷えてしまいます。また、風があると体感温度は低くなるので、扇風機も使う場合はエアコンの設定温度はもう少し高いほうがいいかもしれません。

風向きはエアコンの場合、上向きにして当たらないようにしましょう。扇風機の場合は、壁に当てるなどして空気を循環させるように使うと快適に寝れます。その場合は、あまり風を強くしないほうがいいです。

エアコンや扇風機の風は直接体に当てないようにする。

除湿よりも冷房

寝る時は除湿よりも冷房の方がいいです。なぜかというと、除湿だとずっとフル回転で動くのに対し、冷房だと設定温度で静かになるからです。もちろん湿度の設定が出来る機種であれば、除湿でもかまわないのですが、湿度が設定できなければ、冷房で使うことをオススメします。じゃないと、ずっとフル回転なので、湿度は下がり続けてしまいます。除湿をすると、室温も下がるのでなおさらです。また、ずっとフル回転なので、エアコンの運転音も睡眠の邪魔になる可能性もあります。なので、湿度を設定できない機種では、冷房で寝ましょう。

湿度を設定できない機種は、寝る時に冷房で寝るようにする。

いかがでしたか。

最近の夏は、異常気象のせいか暑い日が多く、快眠するにも大変です。今回の記事を参考に上手にエアコンを使って、夏を乗り切りましょう。