睡眠の資格の紹介① アクティブスリープ指導士 ベーシック

こんにちは、管理人の井口です。

今回は、睡眠に関する資格の紹介をします。ご紹介する資格は「アクティブスリープ指導士 ベーシック」です。記事に書いている感想は僕の個人的な感想です。星印は、数が多いほど得点が高いことを示します。これも、僕の主観と独断です。参考程度に考えてください。


目次
アクティブスリープ指導士とは
費用
お手軽度
内容の充実度
難易度
活用度


アクティブスリープ指導士とは

アクティブスリープ指導士とは、ウェルネスライフ推進協会という団体が認定している資格です。「アクティブスリープ」という言葉も聞いたことがないという人がほとんどだと思いますが、アクテイブスリープというのは、「脳が睡眠を作る仕組みを理解して、自分のライフスタイルにあった睡眠を作ること」と、定義されています。簡単に言うと「睡眠の仕組みを理解して、自分の生活の中で工夫して快眠すること」です。そういう意味では、アクティブスリープは、生活習慣を重視します。今回紹介するのは、ベーシックコースです。主に「自分の睡眠を改善できる人」を目指します。より専門的な指導士コースは今は準備中になっています。

費用

★★

費用は、確か¥35000だったと思います(うろ覚えですみません)。銀行口座への振込で払います。僕自身、相場がどのくらいかはわからないので判断できませんが、一回の講習、教材込みでの値段です。ちょっと高い気もします。

お手軽度

★★

申込みは、下のリンク先のHPから行います。

講習は東京と大阪であります。ただ、注意してほしいのが東京は結構頻繁に講習があるようですが、大阪は年に一回だけのようです。というのも、講師の先生が別に本業をお持ちの人が多いみたいです。僕のときも、本業はプロの家庭教師の先生でした。また、東京に住んでいるためどうしても、大阪に来ることが難しいのが現状のようです。なので、名古屋や関西、それよりも西に住んでいる人には、受講するにはなかなか難しいかもしれません。
講習は、午前11時から午後5時までみっちりとあります。ただ、その後のテストで合格すれば認定してもらえ特に更新も無いため、割と楽な方かもしれません(資格によっては2,3日講習に参加したり、3年で更新する必要があるものもあります)。ちなみに、合否判定は、講習のあった日から大体1ヶ月半後に認定証というカードが送られてきます。先程書いた費用には、このカードを作る費用も含まれているのかもしれません。僕はてっきり賞状のような「認定証」が送られてくると思っていましたので、ちょっとびっくりしました。

内容の充実度

★★★★

テキストの内容は、かなりわかりやすいです。そもそもアクティブスリープという考え方を広め始めた人は、「あなたの人生を変える睡眠の法則」「誰でもできる!『睡眠の法則』超活用法」の著者である菅原洋平さんです。テキストの監修もされています。なので、テキストも2冊の本の内容に沿って作られています。事前にこれらの本を読んでおくと理解しやすいです。別に読まなくても理解できるほどわかりやすく作られていますし、講師の先生も丁寧に教えてくれるので必ずしも読む必要はないです。

難易度

難易度はさほど難しくないです。試験時はテキストやノートは見てもいいので、よほど興味がなくてずっと寝ていたという人は別として、しっかりと講習を受けていたら合格すると思います。ちなみに、不合格だと追試もあるようです。

活用度

アクティブスリープという言葉がまだ馴染みがないので、今の所この資格を活用度は低いのが現状です。そういう意味では、アクティブスリープ指導士は、「アクティブスリープ」という考え方を広める役割も担っているのでしょう。より専門的な指導士コースがまだ準備中なのも、指導士自体の数がすくないのと、アクティブスリープという考え方が広まってないからだと思います。マイナーな資格を人に言うのはちょっと勇気がいりますが、考え方自体は非常に理にかなっていると思うので、しっかりと広めていけたらなと思っています。

いかがでしたか。

講習を受けるのが難しい人もいるかも知れません。睡眠について人にアドバイスをするかはともかく、睡眠を良くする生活習慣は学べます。また、睡眠の専門家にいろいろ質問できるいい機会かもしれません。興味がある方は、一度調べられてはいかがでしょうか。